読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的があるから、前に進むことができる  

 

 

賃貸住宅新聞という会社から

 

取材を受けました。

 

 

その際、

 

印象深かった言葉として、

 

「編集者は、会話を通じて

 

相手の人となりを予想し、

 

人物像を作り上げ、

 

その人物像に沿った形で

 

質問を投げかけていく。」

 

というコメントがありました。

 

 

 

ただ、やみくもに話を聞いているだけでは、

 

良い取材はできないというのです。

 

 

 

確かに、

 

取材と言うのは、

 

表面的な事実を洗い出すのではなく、

 

人の深い部分に刺さりこんでいき、

 

その人の内面をしっかりと

 

あぶり出すことが、

 

良い文章を作るコツなのかもしれません。

 

 

 

この話しを聞いて、

 

どの業界であっても、

 

プロというのは

 

常にゴールイメージが頭にあり、

 

そのイメージに向かって

 

一つずつ物事を進めていくのだな、

 

ということを確信しました。

 

 

 

ここで、

 

資本家として持っておく

 

ゴールイメージが何か、

 

ということについて

 

少し考えてみました。

 

 

 

この問いに対する明確な

 

答えはまだ見えていませんが、

 

今の段階で言えることは、

 

「資産を積み上げること」

 

ではないかと考えています。

 

 

 

資産を積み上げる方法は、

 

 

 

現金を貯める。

 

株を買う。

 

不動産を買う。

 

といったものから

 

 

 

バイトをして金を稼ぐ

 

外貨を買う

 

週末に農業をする

 

 

など、サラリーマンの方であっても、

 

意外に数多くの資産形成の手段があるのです。

 

 

 

そして、

 

その中で重要なことは、

 

常に資産を作る

 

というゴールイメージを

 

持ち続けること、

 

と言えるでしょう。

 

 

 

なぜなら、

 

「資産を作る」

 

というゴールイメージを

 

持つことによって、

 

そこに向かってやるべきことが

 

自然と明確になっていくからです。

 

 

 

これは、

 

アンテナが立つ。

 

という表現の方が正しいかもしれません。

 

 

 

資産形成という杭を

 

頭の中に打ち込み、

 

日々一歩ずつ資本家への

 

道を歩んでいくようにしましょう。