読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトプットの場を作ることの重要性

 

 

アウトプットをするためには、

 

当たり前ですが

 

インプットをすることが必要です。

 

 

 

アウトプットをするということは、

 

自分の頭の中にあるものを

 

整理して形にするということですから、

 

その整理の精度を高めるという意味では、

 

頭にインプットする情報は

 

多ければ多いほど良い。

 

と言えるでしょう。

 

 

 

しかし、

 

本当に重要なことは、

 

実際にアウトプットする習慣を作ること。

 

だと最近痛感しています。

 

 

 

なぜなら、

 

アウトプットをしない限り、

 

インプットの必要性について

 

気づくことができないからです。

 

 

 

例えば、

 

会社で上司から

 

資料の作成の指示を受けた時、

 

資料を作るという

 

アウトプットをするために、

 

必要なインプットをする必要があります。

 

 

 

仕事を進める上では、

 

必然的に必要な情報が

 

インプットされていくということです。

 

 

 

しかし、

 

こと副業に関しては、

 

アウトプットを求められることが

 

ないですので、

 

インプットの必要性を

 

感じない状況になることも

 

多々あるのではないでしょうか?

 

 

 

アウトプットを前提とする

 

インプットの必要性を感じると、

 

成長が加速することは間違いありません。

 

 

 

そういった意味を踏まえても、

 

強制的にアウトプットが求められる

 

場に行くと、成長が加速するかもしれません。