読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ちびまる子ちゃん」に学ぶ、長く残る秘訣

 

週末、

 

久しぶりに実家に

 

戻りました。

 

 

 

普段、私は

 

テレビは見ないのですが、

 

実家ではいつもテレビが

 

ついているので、

 

何となく見てしまいます。

 

 

 

そして、

 

テレビを見ていると、

 

ちょうど

 

ちびまる子ちゃんが放映されていました。

 

 

 

もう何十年も続いている

 

人気のテレビアニメですよね。

 

 

 

何気なく見ていただけなのですが、

 

見始めると、

 

面白くてついつい

 

見入ってしまいました。

 

 

 

その時のストーリーは、

 

このようなものです。

 

 

 

まるちゃんのお母さんが、

 

刺しゅう入りの給食袋を

 

4つ作ってくれました。

 

 

 

次の日、

 

まるちゃんはその4つの

 

給食袋を

 

友達に一つずつ渡します。

 

 

 

しかし、

 

その中の一人(名前忘れてしまったのですが、

 

仮で花沢さんにしようと思います)が、

 

もらった給食袋に

 

ケチをつけたのです。

 

 

 

せっかくお母さんが作ってくれたのに。

 

と、まるちゃんは怒ってしまい、

 

花沢さんの

 

給食袋を取り上げてしまいます。

 

 

 

そして、

 

けんかになってしまうのです。

 

 

 

しかし、

 

その日の夕方、

 

花沢さんが、

 

お母さんと一緒にまるちゃんの

 

家に来て、

 

泣きながらまるちゃんの

 

お母さんに謝りました。

 

 

 

それを見たまるちゃんは、

 

給食袋を

 

花沢さんにあげたのでした。

 

 

 

何か良い話ですよね。

 

 

 

テレビを見ながら、

 

少し感動してしまいました。

 

 

 

そして、

 

このストーリーに触れ、

 

何十年も経っているにも

 

関わらず、

 

ちびまる子ちゃん

 

ずっと人気であり続ける理由が

 

良く分かった気がしました。

 

 

 

ちびまる子ちゃんは、

 

人の気持ちを動かすという点における

 

原理原則が詰まっていたのです。

 

 

 

つまり、

 

人の本質というのは、

 

何年経っても変わらず、

 

人の気持ちを動かす要素も

 

変わっていないのです。

 

 

 

つまり、

 

その原理原則を

 

しっかりと把握することにより、

 

生活をもっともっと充実した

 

ものにできるのではないかと思いました。

 

 

 

なぜなら、

 

原理原則を知ることで、

 

トラブルを未然に防ぐことができますし、

 

能動的に人を巻き込むことも

 

できるからです。

 

 

 

長く続いているものには、

 

それなりの理由があるのだな、

 

ということを強く感じました。