読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪だるまは、大きくなると止まらない

複利に関する面白い

 

データがありますので、

 

この場を借りて紹介させて下さい。

 

 

 

ここに、

 

年間6%のリターンを

 

複利で得られる投資があると

 

仮定します。

 

 

 

この投資に、

 

二人の資産家(AさんとBさんとします)

 

が取り組む

 

と仮定しましょう。

 

 

 

Aさんは、

 

1年目から10年目まで、

 

毎年100万円を

 

投資し、

 

11年目からは追加の資金は入れません。

 

 

 

一方、Bさんは、

 

11年目から投資を始め、

 

50年目まで、

 

毎年100万円を

 

投資するとしましょう。

 

 

 

上記のAさんとBさんが、

 

50年経過時点で

 

いくらの資産が貯まっているでしょうか?

 

 

 

答えは、

 

Aさんが1.46億円。

 

 

 

それに対し、

 

Bさんは1.45億円です。

 

 

投入した資本の金額は、

 

Aさんが1,000万円に対し、

 

Bさんは4,000万円です。

 

 

 

つまり、

 

Bさんの方が拠出した

 

現金の額は圧倒的に多いのに、

 

結果としては、

 

先に始めたAさんの方が

 

多くの資産を得ているのです。

 

 

 

ここで私が言いたいことは、

 

すぐに投資を始めるべき。

 

というものではありません。

 

 

 

複利には大きな力がある。

 

ということをお伝えしたいのです。

 

 

 

初めは小さい

 

おにぎりぐらいの雪の塊でも、

 

それが転がっていくと、

 

あっという間に

 

大きな雪だるまに

 

なるのです。

 

 

 

今ある資産を

 

次への仕込みに活用する。

 

 

 

それを繰り返し続けることによって、

 

資産がどんどん増えていくでしょう。

 

 

 

また、

 

資産だけではなく、

 

知識、情報なども

 

意識的に蓄積していくことによって、

 

それらが頭の中で結びつき、

 

信じられないような

 

大きな資産になっていくのでは

 

ないでしょうか?