読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資は米を作るがごとく

 

 

今、

 

毎朝玄米を食べています。

 

 

ちょっとした豆知識なのですが、

 

一日前に玄米をお水に浸し、

 

炊飯する前に

 

フライパンで炒る。

 

こうすることで、

 

消化が非常に良くなり、

 

栄養もしっかりと取ることができるのです。

 

少し手間ですが、

 

是非とも試していただきたいです。

 

 

 

ところで、

 

普段食べるお米に関し、

 

一粒の米から

 

いくつの米が取れるか、

 

ご存知でしょうか?

 

 

 

北陸農政局のホームページによると、

 

一つの米粒から、

 

何と600粒ものお米が取れるようです。

 

 

 

そして、

 

お茶碗一杯には、

 

約2,500粒のお米が

 

入っています。

 

 

今手元に

 

コメが一粒しかなかったら、

 

一年経っても茶碗1/4にしか

 

なりません。

 

 

しかし、

 

一年目の収穫を、

 

全て次の年の収穫のために

 

使ったらどうなるでしょうか?

 

 

一年目に

 

600粒のコメを植えると、

 

二年目の収穫は36万粒になります。

 

 

 

36万粒あれば、

 

毎日3食お米を食べたとして、

 

48日お米を食べる

 

ことができます。

 

 

 

さらに、

 

二年目の収穫量である

 

36万粒すべてを

 

三年目の収穫にあてると、

 

三年目は、

 

一気に2.16億粒を収穫

 

することができます。

 

 

 

2.16億粒あれば、

 

何と、

 

79年も

 

お米を食べることが

 

できるようになるのです。

 

 

 

しかし、

 

一年目や二年目に

 

お米を食べてしまうと、

 

この収穫を

 

得ることはできません。

 

 

つまり、

 

今得たものを、

 

次への仕込みに使う。

 

という意識を持つことが重要。

 

と言えるでしょう。

 

 

 

そして、

 

この考え方は

 

投資にも通じるものが

 

あるのではないかと

 

思います。

 

 

 

初めは

 

ほとんど元手(お金)

 

がありませんが、

 

それを次の投資にあてることによって、

 

少しではありますが、

 

資金を

 

増やしていくことができます。

 

 

そのスピードは、

 

お米の収穫ほど早くは

 

ないですが、

 

10年というスパンで考えれば、

 

資産を大きく増やすことが

 

できるのではないかと思います。

 

 

この10年という期間は

 

決して短くはありません。

 

投資で資産を増やしていくためには、

 

お米を収穫する以上の

 

忍耐が必要になる。

 

と言えるかもしれません。

 

 

 

しかし、

 

お金はお米と考え、

 

来年以降の収穫のために、

 

今は種まきに使おう。

 

という意識を持つと、

 

資産が拡大するスピードが

 

上がるかもしれません。