読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校球児のように仕事をする

あなたが、

 

中学時代、

 

もしくは

 

高校時代に

 

熱中していたことはあるでしょうか?

 

 

 

運動であれ、

 

遊びであれ、

 

何かに熱中したものが

 

あることと思います。

 

 

 

その時、

 

熱中している理由を

 

考えると、

 

「好きだから」

 

という理由が思いつくのではないでしょうか。

 

 

理屈ではなく、

 

とにかく「好き」

 

という理由が自分を動かしている。

 

というイメージです。

 

 

 

大人になってしまった今でも、

 

夢中になれるものがあるのは

 

素晴らしいですよね。

 

 

 

最近、電車に乗っていると、

 

車窓から

 

高校球児の練習風景が見えました。

 

 

 

その風景を見ながら、

 

「スポーツってやっぱり良いな」

 

と思うのと同時に、

 

突然、ある思いを抱きました。

 

 

 

それは、

 

「自分は今、高校球児のように

 

夢中になって頑張っているのだろうか」

 

ということです。

 

 

 

逆の考え方をすれば、

 

高校球児のように頑張り続けることができれば、

 

投資の世界で勝つことは何ら難しくないのではないか。

 

と思いました。

 

 

 

もちろん、

 

投資とスポーツは

 

比較できるものではありませんが、

 

何かにかける情熱の大きさという

 

意味では、

 

投資もスポーツも同じです。

 

 

 

ひたむきに練習する球児を見て、

 

自分も、もっと全力で頑張らなければ、

 

と感じました。

 

 

 

挑戦しないものは敗者である。

 

そして、成功者は挑戦を続ける。

 

だから、挑戦者が敗者になることはない。

 

ナポレオンヒルの本に書いてあった文章です。

 

 

 

少し、今以上に挑戦を続けていかなければ!

 

と思い、自戒の念も込め、今回この記事を書きました。