読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産家は一日にしてならず。

会社員の方が

 

一週間で働く時間は、

 

8時間×5日=40時間。

 

 

つまり、

 

1週間のうち、

 

40時間を仕事に使っています。

 

 

1か月では160時間、

 

1年間では約2,000時間を

 

仕事に費やすということになりますね。

 

 

次に、

 

投資について考えてみましょう。

 

人によって投資に割く時間は

 

異なると思いますが、

 

今回は、土日でそれぞれ3時間を費やすと仮定して、

 

1週間に6時間費やすことができるとします。

 

 

すると、1か月で24時間、

 

1年間で約300時間です。

 

 

これは、仕事をする場合の15%ほどの時間です。

 

 

やはり、仕事に費やす時間は

 

多くなりますよね。

 

他方、ここで、

 

費やした時間と、

 

求めるリターンの関係

 

について考えてみましょう。

 

 

普段働いている方で、

 

「毎年10%の給料アップ」

 

を期待している人は

 

ほとんどいないのではないかと思います。

 

 

しかし、

 

こと投資となると、

 

短期で大きなリターンを求める方が

 

多いような気がしています。

 

 

投資事業で毎年100万円の収入があり、

 

これを毎年10%ずつ増やしていく。

 

このスピード感に対し、

 

「遅い」と感じる方も多いのではないでしょうか?

 

 

普段、仕事で費やす時間の15%しか

 

使っていないにも関わらず、

 

仕事以上のリターンを投資事業に求めてしまうのです。

 

 

資産を拡大することを急ぎ過ぎると、

 

どこかで足元をすくわれる可能性が高くなります。

 

安全に、確実に資産を増やすことが

 

重要です。

 

 

焦らず、着実に資産形成を

 

進めていくようにしましょう。